浅田家

043.gif051.gif055.gif
今年4月に第34回木村伊兵衛写真賞を受賞した浅田政志さんの写真集「浅田家」をこのたび手に入れる事が出来た。
本賞は、故木村伊兵衛氏の業績を記念して1975年に創設されたもので、昨年1年間に優れた作品を発表した新人写真家に贈られる賞である。
選考委員は、篠山紀信、土田ヒロミ、都築響一、藤原新也の四氏とアサヒカメラ編集長。
私はこんな愉快な家族写真を撮った浅田さんのアイデアに脱帽である。
父、母、兄、そして浅田氏本人がラーメン屋や選挙カー、ロックバンド、サラリーマンの酔っ払い、病院の医師などにコスプレして、
6×7判のカメラのセルフタイマーによって撮影されている。
以前、日テレのNEWS ZEROでも特集され、家族達がキャスター達に扮装した撮影風景が紹介された。
圧巻は写真集の表紙を飾る消防士の写真だ。よく消防署が撮影に協力してくれたなあと感心させられる。
これは浅田氏の熱心な交渉力と行動力の賜物なんだろうと想う。
この写真集は「家族」というテーマがキーワードとなっている。休日にみんながスケジュールを合わせ「新しい感覚の家族写真」を撮影している。
私の撮影方法は単独行動がメインであるため、浅田氏とはまったく違った写真への取り組み方をしている。
家の掃除や洗濯、日曜大工や買い物も生活にかかわる事はすべて両親にまかせきりで、写真を撮る行為そのものが親不孝をしてる感じがする。
両親にもカメラを向ける謙虚な気持ちを持てば、逆に家庭円満で良い写真が撮れるのかもしれない。
記念写真こそ「家族」の絆を深めていく大切な1枚なのだとこの写真集で気付かされた。
b0076646_232406.jpg

Canon PowerShot G10  6.1-30.5mm 
F5.6 1/40秒  ISO400 16:39 雨のち曇り
撮影日2009.6.14 撮影地 車内にて

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2009-08-04 23:24 | 写真雑感・テクニック
<< 木村伊兵衛の作品 我が母校を甲子園に出場させるに... >>