野球の撮り方 ~守備・走塁~


最後は守備と走塁です。
投手や打者は初期動作からゆっくりと狙えるが、守備や走塁はいつ打球が来るか、いつ走るかを感に頼るしかないため撮影が難しい。
そのため動きの速い動作を撮るためにEOS-7DのAIサーボAFをカスタムファンクションの測距点選択特性を「測距連続性優先」に設定している。こうする事で一度捕捉した被写体を常に追い続ける。

また「被写体追従性敏感度」を遅めにする事で、前を横切る物を障害物として無視してくれるので狙った物を確実に捉えてくれる。
「測距中心優先」では被写体を捕捉中の測距点に何かが入り込んだ場合、その物にピントを合わせようとしてしまう。
また「被写体追従性敏感度」を速くすると狙った被写体でなくてもフレームにかかった瞬間にピントが後方に合焦し背景抜けが起きやすくなってしまうのだ。

カメラの機能をフルに活用しても失敗する時はこんな感じである。
この画像は打者がサードゴロを打って1塁に走っている場面で領域拡大AFを中央に合わせて1塁側カメラ席から撮影している。
打者を撮りながら打つと同時に打球を確認するとワンテンポ遅れてしまい、瞬時に野手を狙ったとしても上手く撮れない事が多い。
カメラは走者が障害物と判断しピントはグローブに合焦して三塁手の稲葉選手を追従しているがまったく顔が見えないNGカットである。
b0076646_23192896.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/2000秒 ISO500 14:07  晴れ
撮影日 2012.4.21 撮影地 新潟市中央区・ハードオフ・エコスタジアム

内野手を簡単に撮るにはイニングの始めに行なうボール廻しの時が良い。
稲葉選手の表情や投げたボールがフレーミングに納まってるベストショットである。
b0076646_23214139.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/2000秒 ISO400 13:34  晴れ
撮影日 2012.4.21 撮影地 新潟市中央区・ハードオフ・エコスタジアム

これは2塁手の新人荒井選手のプレーである。
当たりの緩いゴロを前進して来て1塁へ投げる動作を追っているが走者が邪魔になったNGカットだ。
b0076646_2322871.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/2000秒 ISO500 16:00  晴れ
撮影日 2012.4.21 撮影地 新潟市中央区・ハードオフ・エコスタジアム

しかしここで体勢を整えてから1塁へ送球しても間に合わないと判断した荒井選手はとっさのジャンピングスローを披露した。
セカンドが最も華麗に見えるベストショットをAIサーボAFの高速連写で撮る事ができた。
b0076646_23195961.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/2000秒 ISO500 16:00  晴れ
撮影日 2012.4.21 撮影地 新潟市中央区・ハードオフ・エコスタジアム

これは4回表、石川の攻撃でタイムリー2ベースヒットから1塁走者が帰り2-1と逆転した場面を1塁側カメラ席から撮影している。
ボールボーイがバットを拾おうとして早く飛び出したため捕手と走者に被ってしまったNGカットである。
b0076646_23224343.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/2000秒 ISO400 14:08  晴れ
撮影日 2012.4.21 撮影地 新潟市中央区・ハードオフ・エコスタジアム

この画像は4回裏、新潟の攻撃で一死ランナー1,3塁から野呂選手のライト犠牲フライにより、内山選手がタッチアップに成功して2-2の同点となった場面である。
またしてもボールボーイが邪魔になりまったく緊張感がないNGカットになってしまった。
もし自分の撮影位置がベンチよりになっていたらボールボーイを処理できたかもしれない。
本当に悔しかった。
b0076646_23231670.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/2000秒 ISO500 14:27  晴れ
撮影日 2012.4.21 撮影地 新潟市中央区・ハードオフ・エコスタジアム

これは稲葉選手が2塁に盗塁を成功させたシーンである。
私はど真ん中の構図ばかりではなくいざという時のためにEOS-7DのAFフレームを事前に一点を登録しておき、一瞬でAFフレームを切り替えて撮影する時がある。
「クイック設定」で左端から3番目のフレームを1点AFで登録させている。
親指AFをAF-ONボタンで行いながらピントが背景の外野手に合焦しそうだと感じたら、AEロックボタンで即座に切り替えて左の野手にピントを合わせた。
1塁手の背中が半分写ってるためこのままではNGカットだがトリミングすればどうにかベストショットになるかもしれない。
b0076646_2323337.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/2000秒 ISO400 14:02  晴れ
撮影日 2012.4.21 撮影地 新潟市中央区・ハードオフ・エコスタジアム

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2012-04-25 23:24 | 写真雑感・テクニック
<< BCリーグ・新潟12-1群馬 野球の撮り方 ~打者~ >>