前田真三の世界

1998年の今日、日本を代表する風景写真家の前田真三さんが心不全のため、享年76歳で亡くなった。「麦秋鮮烈」の代表作は北海道の美瑛をいっきに有名にし、拓真館は多くの写真ファンで賑わった。
前田先生は平成6年から8年まで朝日村の観光写真コンテストの審査員をされた事がある。私は残念ながら、先生にお会いした事がない。一度写真を見てもらって、酷評して頂きたかった。いつかは美瑛へ行きたいと思っているが、「真似だ真三」にならないような自分のフレーミングで写真を撮って見たい。

b0076646_22404068.jpg

CanonEOS40D  SIGMA18-200mmF3.5-6.3 DC OS F16 3.2秒 ISO100 
撮影日 2007.11.20 撮影地 自宅スタジオ

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2007-11-21 23:14 | 写真雑感・テクニック
<< 銀杏のある風景 空白の一日 >>