元新発田農、安田監督が死去

007.gif
元新発田農高の野球部監督だった安田辰昭先生(74)が尿毒症のため21日に亡くなられた事をTVニュースで知りました。
1980年、81年と夏の全国高校野球選手権大会に出場し81年では、広島商業、東海大甲府を破り、新潟県勢初の甲子園2勝を果たし新発農黄金時代を築いた名将です。
新発農野球と言えば再三ピンチを堅守で切り抜ける鉄壁の守備力でした。
守りがいいチームは見ていて気持ちが良かったですね。
87年から92年までの5年間、県高校野球連盟理事長を務め、新潟県の野球発展に貢献されました。
この本はご自身が序文を書かれたり、著書された高校野球の絶賛本である。
教え子を叱って、野球部を辞めていった生徒への悔やみや、甲子園出場時の補欠選手が結婚式で母校のユニフォームを着て「栄冠は君に輝く」の行進曲で入場したエピソードや、甲子園で広商に大金星をあげた後に父親を病気で亡くされた事、新発農のコーチだった松田忍氏(現村上桜ヶ丘高監督)が実習教諭の資格を取るまで応援し続けた事、農家でない子が野球の魅力だけで新発田農を選ぶのは抵抗があり選手を勧誘するのにも困難があった事など、野球をひたすら追い求めたドキュメントが綴られている。
私の高校野球評論はこの本からいつも勉強させられていた。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
b0076646_22454814.jpg

Canon PowerShotG7  7.4-44.4mm F8.0 1/5秒
ISO200 
撮影日2008.2.22 撮影地 自宅

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2008-02-22 22:45 | スポーツ
<< 甲子園への問題点 VHSとBeta >>