頚椎々間板ヘルニアで入院してました


昨秋より左肩が痛みだし五十肩かと思っていたら、今年になって左肩甲骨から手先にかけてシビレが強くなり病院のMRI検査で第6、第7頚椎の椎間板ヘルニアである事がわかりました。
写真の撮りすぎで首に負担がかかったのだろうか?
そんな訳で4月6日から15日まで手術して入院してました。
ブログをご覧頂いた皆様には更新を怠ってしまい申し訳ありませんでした。

【入院初日】
午後2時に市内の病院へ入院する。左肩甲骨が凝った感じで腕がだるい。
b0076646_17401312.jpg

Canon PowerShotG7  7.4-44.4mm F8.0 1/80秒
-1/3補正 ISO100 PM4:02・晴れ
撮影日2008.4.6 撮影地 三条市

【入院2日目】
今朝は腰から脊髄に造影剤を注射して神経の圧迫を調べ、症状の原因になっている部位をつきとめるためストレッチャ-で検査室に運ばれました。足先にビーンと電気が響くようなとても痛い検査です。およそ30分後、病室にもどり6時間ほど安静にしていなければなりません。
b0076646_18191581.jpg

Canon PowerShotG7  7.4-44.4mm F8.0 1/80秒
-2/3補正 ISO200 AM6:22・晴れ
撮影日2008.4.7 撮影地 三条市

【入院3日目】
今日は手術である。昨夜から食事はなし。早朝から座薬で便を出そうとするが緊張のためか出ない。では自分で浣腸して見る事にした。勢いよく注入してしまったのでお腹が痛くなって気分が悪くなった。どうにかお通じがありT字帯に着替えて点滴をする。
そして朝一番の9時に手術室に入った。オペ室の女性看護師にTVドラマ「白い巨塔」を思い描くような雰囲気だと力なく語ったら、「大丈夫ですよ、安心してください」と励まされました。その後すぐに手から麻酔が利きはじめ意識がなくなってしまった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「終わりましたよ」のかけ声に目が覚めた。頭がモウロウとしている。傷も痛い。
酸素マスクと心電図がつけられ、ポコチンにも尿道の管が入っているのがわかった。ストレッチャ-から部屋のベットに寝かされる。体が震えていた。「寒い」といったら布団を2枚かけてホットパックを体に当ててくれた。暖かくて気持ちいい。
長時間の安静でエコノミー症候群を防止するために座布団を2枚敷き、そこに足を上げて血流を良くするため足首を機械で交互に加圧している。24時間の点滴と安静である。寝返りは看護師にしてもらう。心電図のアラーム音と足首の加圧、傷の痛みで眠れない。
夜中に喉が渇くたびにうがいをさせてもらった。こうして手術日の苦しい一日が終わる。
b0076646_20441979.jpg
b0076646_20445141.jpg
b0076646_20451420.jpg
b0076646_20453153.jpg






【入院4日目】
昨夜は体のふしぶしが痛みほとんど眠れなかった。
今朝も朝食を食べてはいけない。腹へったなあ。10時ころ担当医が回診に来た。首にコルセットを巻いて起きてもいいよと許可が出た。
男の看護師が体を拭いてくれてポコチンの尿道管をはずした。「いてえ」と声がでる。経験ある人はこの痛みがわかると思います。
さて起きようかと思いきや体力消耗で目眩がし、気分がすぐれない。
こんな時、プリンが無性に食べたくなった。おやじからポカリスエットを買ってもらい飲み込むと体の中まで入っていく間隔がわかる。「なんて美味いんだろう」
お昼前に、婦長さんが「昨夜は大変でしたね」と訪ねて来られた。
遂に念願の昼食に辿り着いた。安心したのか屁も出て体調回復となったのである。
b0076646_22572162.jpg

Canon PowerShotG7  7.4-44.4mm F8.0 1/50秒
-2/3補正 ISO200 AM9:11・晴れのち曇り
撮影日2008.4.9 撮影地 三条市

b0076646_22582988.jpg

Canon PowerShotG7  7.4-44.4mm F3.5 1/320秒
ISO200 AM9:11・曇りのち雨
撮影日2008.4.10 撮影地 三条市

【入院5日目】
お決まりのコルセット姿である。だが昨日と今日の2日間ではずしても良いと担当医から指示がでる。まだ首が痛いのに不安だ。
午後からリハビリが始まる。
「左肩が下がって、体がゆがんでます。肩甲骨に指が入らない位こってますね。」とマッサージした女性理学療法師のコメントである。
b0076646_803149.jpg

Canon PowerShotG7  7.4-44.4mm F3.5 1/60秒
-2/3補正 ISO400 AM8:12・曇りのち雨
撮影日2008.4.10 撮影地 三条市

入院中の食事は薄味である。このメニューは1,920キロカロリー等と栄養科から毎食メモがついてくる。普段いかに塩分を摂りすぎてるかわかりました。
b0076646_8504777.jpg

Canon PowerShotG7  7.4-44.4mm F6.3 1/30秒
-2/3補正 ISO200 AM7:29・曇りのち雨
撮影日2008.4.10 撮影地 三条市

b0076646_851940.jpg

Canon PowerShotG7  7.4-44.4mm F8.0 1/50秒  
ISO200 AM11:50・曇りのち雨
撮影日2008.4.10 撮影地 三条市

b0076646_8512150.jpg

Canon PowerShotG7  7.4-44.4mm F4.0 1/30秒
ISO400  PM6:10・曇りのち雨 ストロボ
撮影日2008.4.10 撮影地 三条市

【入院6日目】
いびき、夜中にトイレに行くスリッパの音、隣部屋のお婆さんが「痛て、痛て」と叫ぶ音など、眠れない日々が続く。そうなると毎晩、おかしな夢を見るようになった。
昔の同僚と焼き鳥屋で飲んでいる。メンバーがありえない組み合わせで噂話で持ちきりだ。またある日には、自分が北京五輪野球代表の最終選考に選ばれてレフトを守っている。、星野監督がノックをして、一球でも落としたら落第だと言われた。またある日には赤穂浪士の一員となり吉良邸に捕らわれてしまった。
一晩で3度も夢を見た時もあった。写真など興味のない知人と3人で体育館の窓から御蔵橋の夕陽を撮っていたり、女友達と色恋に落ちたり、配達の途中で大洪水となり、いけどもいけどもお店に辿り着かない等、お経が聞こえた日もあったなあ。
看護師が深夜0時と3時にラウンドする。それがわかる時が何度もあり熟睡できない。
b0076646_1085736.jpg

Canon PowerShotG7  7.4-44.4mm F6.3 1/4秒
ISO200 AM6:54 雨
撮影日2008.4.11 撮影地 三条市

【入院7日目】
今日はロビーでコンサートがあった。
脳梗塞で右半身が麻痺し、左手だけでピアノを演奏するお年寄りである。
病気でも何かしたいというチャレンジ精神は見習いたいものだ。
b0076646_1092740.jpg

Canon PowerShotG7  7.4-44.4mm F3.2 1/40秒
-1/3補正 ISO200 PM1:01 曇り
撮影日2008.4.12 撮影地 三条市

【入院8日目】
快晴の日曜日。桜が満開でみんな花見にでかけているんだろうなあ。
退屈でしょうがない。先日二人退院したが、本日腰の手術予定者がまた二人入院してきた。部屋がまた満杯だ。
b0076646_10235553.jpg

Canon PowerShotG7  7.4-44.4mm F5.6 1/60秒
ISO200 AM10:24 晴れ
撮影日2008.4.13 撮影地 三条市

【入院9日目】
窓を開けると粟ヶ岳が見える。
今日は雨、小学生が元気に登校する。私も退院したいなあ。
b0076646_10241331.jpg

Canon PowerShotG7  7.4-44.4mm F5.6 1/200秒
ISO400 AM7:50 雨
撮影日2008.4.14 撮影地 三条市

【入院10日目】
ようやく退院となった。左手や首の痛みはまだ続いている。
3週間後にMRI検査である。朝食に退院祝いのケーキがでた。
やっぱり家ほどいい物はないなあ。
b0076646_1030361.jpg

Canon PowerShotG7  7.4-44.4mm F8.0 1/200秒
ISO100 AM7:26 晴れ
撮影日2008.4.15 撮影地 三条市

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2008-04-15 17:40 | その他
<< 木蓮の花 選抜高校野球、聖望学園準優勝 >>