タグ:棚田 ( 37 ) タグの人気記事

ドボン


白新線の撮影で川に落ちそうになり、間一髪の難を逃れたが今度はそうはいかなかった。
新発田から家路に帰る途中、刈り入れの田んぼに鷺がたくさん集り、餌をあさってる光景に出くわした。
これは写真になると思い、車を止めてカメラを取り出し、急いで田んぼへ走る。
畦道で撮影を始めた途端、バランスをくずしてぬかるんだ田んぼに落ちてしまった。
この画像は落ちる前に少しだけ撮ったカットで、この後にアングルを変えようと移動したのが災いの発端だった。
足元は泥だらけになり、もはや戦意喪失である。
昔、フジフィルムの写真コンテストでこのような場面を上手く撮った写真を見た事がある。
また来年、チャンスがある事を祈りたいものだ。
b0076646_21401966.jpg

Canon EOS 7D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F6.3 1/1000秒  ISO1000 15:24  曇り
撮影日 2011.10.1 撮影地 新発田市

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2011-10-08 21:40 | スナップ

金倉山へ


天気予報で霧が出るらしいから金倉山へ行って見る事にした。
撮影ポイントへ午前3時過ぎに到着すると、すでに4、5台の車が待機している。辺りは真っ暗だ。
待つ事1時間、徐々に県外からの車がやって来て、細い山道はすれ違いが思うように出来なくなる。
「今日は霧が深くて何も見えないなあ」と回りのカメラマン達と話していた。(星も見えない)
やがて白々と夜が明けて来ると棚田を被っていた霧が引き出した。
急いでカメラを三脚にセットすると、20人程いたカメラマンが一斉にシャッターを切った。
あまり綺麗な朝焼けではなかったのでフィルターをつけて撮影した。
この後、朝陽が出るまで15分ほど待つが遂に雲の中から現れず、みんなは現場を去って行った。
b0076646_2115718.jpg

Canon EOS 50D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F16  0.6秒 ISO200 LEE FIiltersサンセット2  4:20  曇りのち晴れ
撮影日 2011.6.19 撮影地 長岡市山古志・金倉山

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2011-06-22 21:15 | 風景

山古志の朝


2009年の秋に山古志に行って以来、2年ぶりの訪問である。
そして金倉山へはなんと15年ぶりの撮影となった。
しかし定番ポイントの棚田までは残雪が多くて通行不能だった。
しかたがないので途中の景色が良さそうな場所で撮影したのがこちらである。
今日は空が赤く焼けなかったのでフィルターを使って見た。
b0076646_05536.jpg

Canon EOS 50D  EF-S10-22mmF3.5-4.5 USM
F16 1/13秒  ISO200 LEE FIiltersサンセット2 5:11  晴れ
撮影日 2011.5.4 撮影地 長岡市山古志・金倉山

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。



[PR]
by chonger48 | 2011-05-09 23:56 | 風景

中越地震から6年


68人の犠牲者を出した中越地震から今日で6年になる。
長岡市妙見町の土砂崩れ現場には献花台が設けられ泉田知事が花を添えた。
生き埋めになったガレキの中から2歳の男の子が奇跡的に助け出されたが、母親と3歳の女の子は亡くなってしまった。
救出された坊やは小学3年生に成長し祖父母といっしょに暮らしている。

山古志や川口の棚田もきれいに復活し、以前のようにたくさんのカメラマンが訪れている。
写真の持つ力で私たちは街の復興を願い、地域を盛り上げて行きたいと思います。
b0076646_16413577.jpg

CanonEOS40D  SIGMA18-200mmF3.5-6.3 DC OS 
F11  3.2秒 ISO100 6:02  曇り  HDRソフト使用
撮影日 2007.11.4 撮影地 長岡市山古志・竹沢

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。


[PR]
by chonger48 | 2010-10-23 16:17 | 風景

星峠と儀明


私は風景写真を撮る場合、3つの要素が大切だと考えている。
①撮影場所 ②天候 ③時間である。
棚田、山、河、海など、それぞれお気に入りの撮影場所を常に知っておく必要がある。
そして当日の天気予報を詳細にチェックし、必ず日の出前の時間帯に現場に到着する事である。
これらの条件が揃えば、人が見て感動する写真は必ず撮れると思っている。
私が風景写真を撮るスタイルは90%が午前中である。
午後はほとんどが新規開拓のロケハン巡りをして、今後の朝陽撮影予定地を模索する。途中で農家の人や子供達に出会えばスナップしたり、まったく撮るものがない時は美味い物を食べて、温泉に入って帰宅するパターンである。
風景写真は1日で撮ろうとすると無理がある。最低でも2日、余裕なら3日は同じ町を撮り廻るべきだ。

5月3日は蒲生の棚田で朝陽を撮った後、桜で有名な儀明の棚田に行ってみた。
例年なら満開のはずが今年の春は寒さの影響で全然咲いていない。後ろの桜だけが何故か満開だった。
定番のアングルなら、桜が棚田の水面に写るような場所から撮影するが、花が咲いていないので、かなり左下の道端まで下り、桜が咲いている樹を背景に撮影した。
人様のブログを見れば2日後に桜が咲いたようである。
このことからも分かる様に、やっぱり3日間はその土地に寝泊りしないとダメである。
しかし、連休中はSLも撮りたい、祭りも撮りたい、スポーツも撮りたいと、いろんな誘惑がありすぎて、正直同じ場所で3日も滞在するなんてもったいないような気分である。
これだから私は良い風景写真が撮れないんだろうなあ?
b0076646_2118269.jpg

Canon EOS 7D SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F13  1/50秒 ISO400 5:42  晴れ
撮影日 2010.5.3 撮影地 十日町市・儀明

儀明を後にして今度は星峠へ行って見る。
もう日の出から2時間近く経っており、この場所で写真を撮るには光が悪い。
まだ朝陽の余韻に感動している全国から来たカメラマンが車内では朝食の料理中である。
ほとんどの人が車中泊の装備になっていた。
星峠に来て驚いた事がある。なんと水洗トイレが出来ていた。
8年前にはそんなものすらなかったのに、大勢のカメラマンが通って来た影響なのだろうなあ。
今度行く時は星峠で日の出を狙う事にしたい。

さて2つの画像だが、すでに勝負あったの時間帯ではカラー写真として見るに耐えない。
モノクロならどうにか見れそうでしょうか?
b0076646_21184593.jpg

CanonEOS40D  EF-S10-22mmF3.5-4.5 USM
F16 1/160秒  ISO400 6:20 晴れ
撮影日 2010.5.3 撮影地 十日町市・星峠

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。



[PR]
by chonger48 | 2010-05-17 21:19 | 風景

松代の棚田へ行って見た


3日は津川で狐の嫁入り、小千谷で牛の角突き、十日町では着物祭りがあり、カメラマンは何処へ行こうか嬉しい悲鳴をあげていただろう。
私は十日町の着物祭りを見た事がないので今年は十日町に行って見た。
どうせ行くなら、まずは松代の棚田を撮影してからにしようと思い、自宅を午前3時に出発した。
人気スポットの蒲生の棚田に8年ぶりに行って見る。
日の出時間にギリギリ間に合ったが、すでに駐車スペースは満車、三脚を立てる場所すらない位、カメラマンが大勢いた。
ざっと200人はいただろうか?九州や四国、山陰や関西、名古屋等と遠路はるばるからおいで下さっている。
松代の棚田は県展や各種写真コンテストなどで上位入賞者が続出し、ここ数十年で一躍全国的に有名な撮影ポイントになってしまった。
おそらく朝陽を撮るなら、新潟県で1番人気のある場所ではないだろうか?

この場所で写真を完璧に仕上げるなら、やっぱり朝霧が出ていないとダメである。
条件的には春より秋の方が良いかも知れない。この日は霧が出なかったから作品としてはNGである。
最高の瞬間に出会うために、何度も同じ場所に通いつめる情熱があれば、きっと神様は貴方を見捨てる事はないだろう。
b0076646_21403345.jpg

Canon EOS 7D SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F14  1/50秒 ISO400 5:00  晴れ
撮影日 2010.5.3 撮影地 十日町市・蒲生

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。



[PR]
by chonger48 | 2010-05-16 21:40 | 風景

北五百川のカタクリ


日本の棚田百選に選ばれている三条市(旧下田)の北五百川にある棚田で見事なカタクリの群生がある。
その景色を見ようとこの時期、初めて行って見た。
途中で粟ヶ岳(1292.7㍍)の残雪が綺麗だったので車を停め、しばし撮影する。
青空と山頂の白い雲が出ていなかったら、写真は撮らなかったと思う。
b0076646_22232377.jpg

Canon EOS 7D SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F14  1/80秒 ISO250 13:04  晴れ
撮影日 2010.4.25 撮影地 三条市北五百川

この場所は地元のSさん所有の棚田で最もふもとの丘の上にある。
30年ほど前に雑木林を伐採し、カキやクリの木を植えたところ、カタクリが自然に増えてきたという。
背景には粟ヶ岳が見えて抜群のロケーションだ。
b0076646_222417.jpg

Canon EOS 7D SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F16  1/125秒 ISO400 13:21  晴れ
撮影日 2010.4.25 撮影地 三条市北五百川

昨年は4月9日頃に満開を迎えたが、今年は春先の気温が上がらず、2週間ほど遅れて満開となった。
新聞で紹介されたのをきっかけに、県内外から大勢のカメラマンが訪れている。
撮影に夢中になり、けっして群生の中に入らないように注意してほしい。丘の下から撮る様にする事。
花を踏んだり、摘み取ったりは絶対しない事。
b0076646_22243147.jpg

Canon EOS 7D SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F16  1/125秒 ISO400 13:49  晴れ
撮影日 2010.4.25 撮影地 三条市北五百川

カタクリは一枚の葉が地面に現れてゆっくり育ち、葉が二枚になると、花が咲く。
発芽からなんと7年もかかるらしい。
マクロで撮影すると地面に寝そべってしまうので洋服は汚れるし、腰は痛いし、大変だ!
でも気にいった写真が撮れた時、そんな事はどうでも良くなってしまう。
b0076646_22245861.jpg

Canon EOS 7D  EF100mmF2.8L マクロ IS USM
F4.0  1/1250秒 ISO400 14:15  晴れ
撮影日 2010.4.25 撮影地 三条市北五百川

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2010-05-09 22:25 |

山古志ロケハン


今朝は我が町でも初雪となり、うっすらと田んぼが白く染まった。昨年より26日も遅い降雪は1センチを記録した。
さて、話を山古志の撮影に戻そう。
霧の棚田が思うように撮れず落ち込んでしまった私は、家に帰ろうかと悩んだが、復興した山古志をロケハンする事にした。
秋の味覚の一つである柿は被写体に打って付けである。
カラスがたくさん止まって柿を啄ばんでいたが、私が近寄ると一斉に飛び立ってしまい、遅れた一羽が私のカメラに撮影された。
b0076646_0185834.jpg

CanonEOS40D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F14 1/125秒  ISO200 10:29 晴れ 
撮影日 2009.11.12 撮影地 長岡市山古志

山古志支所は観光客の休憩スポットである。PLフィルターでガラス越に建物を写しこんだ。
b0076646_0191789.jpg

CanonEOS40D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F8.0 1/500秒  ISO400 11:33 晴れ 
撮影日 2009.11.12 撮影地 長岡市山古志

池谷闘牛場に行って見る。スタンドが出来て見事にリニューアルされていた。
天皇皇后両陛下が、昨年9月に山古志の復興状況をご視察された際に詠まれた御製・御歌の歌碑が建立された。
御製【天皇陛下】 なゐにより避難せし牛もどり来て角突きの技見るはうれしき
御歌【皇后陛下】 かの禍(まが)ゆ四年(よとせ)を経たる山古志に牛らは直(なほ)く角(つの)を合はせる
b0076646_0213668.jpg

CanonEOS40D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F7.1 1/800秒  ISO500 14:42 晴れ 
撮影日 2009.11.12 撮影地 長岡市山古志

「牛の角突き」の始まりは600年前とも1000年前とも言われるが、正確なところは不明である。
江戸時代、滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』の中にも越後角突きの話が登場し、虫亀の牛「須本太」を、怪力の持ち主「小文吾」が角をつかみ制止させるという話が記されている。
現在は国の重要無形民俗文化財に指定されている。
b0076646_0224649.jpg

CanonEOS40D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F11 1/125秒  ISO500 15:00 晴れ 
撮影日 2009.11.12 撮影地 長岡市山古志

棚田で有名なポイントは古志高原スキー場附近と金倉山附近だが、今まで行った事がない場所を見つけた。
羽黒トンネル手前を桂谷集落に登って行くと金倉山が正面に見えて、展望が開けてくる場所がある。
そこからさらに山奥に入るとご覧のような棚田が俯瞰で撮影出来る。正面の山は米山になるのだろうか?
おそらくここは夕日の撮影に最高の場所だと思う。
今日は雲が厚く夕日は望めなかった。
カメラのホワイトバランスを白熱電球モードにしてサンセットフィルターを使うとこんな色になる事を発見した。
日も暮れて引き上げる際に道に迷ってしまい混乱した。やっとの事で虫亀へ出ることができ安堵する。
山道はジムニーのような小型4WD車の方が安全である。
b0076646_0234280.jpg

CanonEOS40D  EF-S10-22mmF3.5-4.5 USM
F16 1.3秒  ISO400 16:43 晴れ
撮影日 2009.11.12 撮影地 長岡市山古志


人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2009-12-15 23:48 | 風景

霧の山古志


霧が出そうな天気だったので山古志へ行って見た。場所は古志高原スキー場附近の棚田である。
あいかわらずの人気ポイントなのでカメラマンは30人程いただろうか?
しかしこの日は条件が悪すぎて満足のいく撮影が出来なかった。
1枚目の写真は棚田を見ようとしても雲海のような状況なので何も見えない。
そこで少し下の方へ移動し、夜明け前の越後三山を狙った。
シルエットの樹々が煩雑すぎてつまらない写真になっている。
b0076646_2321154.jpg

CanonEOS40D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F14 30秒  ISO400 5:52 晴れのち曇り 
撮影日 2009.11.22 撮影地 長岡市山古志・竹沢

2枚目の写真はさっきの場所からまた下り、棚田がある位置まで来たが、ここは狙っているポイントと違う。
b0076646_23211389.jpg

CanonEOS40D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F14 25秒  ISO400 5:54 晴れのち曇り 
撮影日 2009.11.22 撮影地 長岡市山古志・竹沢

3枚目の写真は谷底に溢れていた霧がどんどん上に昇って来て、ほとんど視界が聞かない状況になる。
b0076646_23212653.jpg

CanonEOS40D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F14 1/4秒  ISO200 6:31 晴れのち曇り 
撮影日 2009.11.22 撮影地 長岡市山古志・竹沢

4枚目の写真は朝陽が出始めた様子だ。とっさの事で太陽を中央に配してしまいフレーミングが悪い。
b0076646_23213910.jpg

CanonEOS40D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F14 1/60秒  ISO200 6:58 晴れのち曇り 
撮影日 2009.11.22 撮影地 長岡市山古志・竹沢

ほとんどのカメラマンはこのあたりで諦めて帰っていった。
5枚目の写真は守門岳の方を狙う。この下にポイントの棚田があるはずなのだが霧は晴れない。
デジタルカメラは逆光に弱点があり青っぽい色のにじみが左下に出ている。
b0076646_23215573.jpg

CanonEOS40D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F14 1/1000秒  ISO320 8:39 晴れのち曇り 
撮影日 2009.11.22 撮影地 長岡市山古志・竹沢

寒さをこらえきれず車に戻り暖をとっていたら、ようやく棚田が顔を出した写真が6枚目である。
名古屋から来た二人のカメラマンと最後までいっしょに粘ったが、時すでに遅し。もう勝負あったである。
撮影開始から4時間を過ぎているが、ほとんどが霧待ち状態で撮影出来なかった。
本来ならこの棚田に霧の中から朝陽が斜光線で射し込み、オレンジ色の幻想的な写真を撮るのが目的だったのに本当に残念である。
風景写真とは気象条件と光線具合が完璧に揃ってこそ傑作が生まれる。
こんな写真ではコンテストにとうてい出せないなあ。(泣)
雪が降ったらまた行ってみるか!
b0076646_2322745.jpg

CanonEOS40D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F14 1/200秒  ISO320 9:56 晴れのち曇り 
撮影日 2009.11.22 撮影地 長岡市山古志・竹沢

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2009-12-10 23:22 | 風景

川口町フォトコンテストの作品作り


小千谷の塩殿を撮影後、雪峠へ行ってみる。ハサ木が昔の場所から移動されたので撮影アングルが変わってしまった。
もう太陽が昇ってしまったので今日はロケハンだけにした。
この場所は星空か日の出前に撮影しないと傑作は生まれない。
次に川口町の方へ行ってみた。
ホテルサンローラ 川口を通り過ぎ山古志へ抜ける道中に牛ヶ首、木沢、峠がある。ここは守門岳、浅草岳が一望できる絶景ポイントだ。
道は狭いしアイスバーンで運転は慎重にしてほしい。4DWを過信しすぎてスリップしてしまい雪の壁に衝突してしまった。フロントアンダーガードバーの左側の衝撃クッションゴムがはずれてしまい紛失してしまった。(痛)
2月28日まで川口町フォトコンテストが行われる。
最優秀賞を狙うためにロケハンして来た。
この写真では太陽の位置が高くなりすぎている。黒い樹木も多すぎて雪の風情が表現されていない。ここは1月になると東南の方向から朝陽が出る。放射冷却現象が起きれば霧が湧いて幻想的な景色になる。そんな時に再度撮影する事にしよう。
以外に午後からの順光線で青空が澄み切った時に雪山をはっきり見せる絵葉書ショットのような撮影方法も良いかもしれない。
b0076646_23454089.jpg

CanonEOS40D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F16 1/320秒  ISO200 9:31 晴れ
撮影日 2009.1.18 撮影地 川口町・牛ヶ首

雪の壁で注意しないと見落としてしまうが、良い棚田を見つけた。
30センチほど雪に浸かりながら撮影した。兎か狐の足跡が棚田に付いてしまって造形美が損なわれているのが残念だ。
今度はもっと新雪が降った後に訪れたい。
b0076646_23581830.jpg

CanonEOS40D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F16 1/320秒  ISO200 9:31 晴れ
撮影日 2009.1.18 撮影地 川口町・木沢

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。
[PR]
by chonger48 | 2009-01-29 23:45 | 写真雑感・テクニック