タグ:霧 ( 30 ) タグの人気記事

ああ、雪峠


塩殿の次は雪峠へ向かう。
どうしてもこの場所は塩殿の後に行ってしまうので太陽が昇ってからの撮影になってしまう。
今度来る時は雪峠で日の出待ちをして見よう。

雪峠の農道は4メートル以上の雪の壁で被われていた。
どうにかよじ登って雪原に出る。(梯子が必要な位の高さだ)
越後三山は霧で霞んでいる。
カメラマンが二人いた。
ハサ木の近くまでカンジキを履いて近づく。
足跡が他のカメラマンの撮影に邪魔しないよう遠回りで歩いた。
やっぱり朝焼けの写真が撮れないと感動も半減してしまうものである。

雪原から戻って来たら、塩殿で会った米美知子さん似の女性カメラマンと再び出会う。
「またお会いしましたね。塩殿はいかがでしたか?」「はい、1時間ほど撮影してました。」
「あの霧の中でそんなに撮っていたんですか?頑張りましたね。私はchonger48と申します。」
「え、the best shotのchongerさんですか。ブログ拝見していますよ。」
「本当ですか。嬉しいですね。今度コメントお願いします。」

こんな綺麗な女性が見てるとなるとこれからは「エッチな写真」はアップ出来ないなあ(笑)
b0076646_19522967.jpg

Canon EOS 50D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F18 1/1250秒  ISO250  9:55 霧のち晴れ 
撮影日 2011.2.6 撮影地 小千谷市池ヶ原・雪峠

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。



[PR]
by chonger48 | 2011-02-15 19:52 | 風景

何も見えん!


新潟の雪景色を撮影するポイントで私が1番好きな場所が小千谷市の塩殿である。
信濃川、越後三山、霧、ご来光など、風景写真のモチーフがすべてこの地で表現できる。
2年振りに訪れて見たが、この日は霧が濃すぎて何も見えなかった。
前日は雨、翌日の天気予報は晴れだとなれば絶対川霧が出るはずだ。
家を4時に出発した。三条市内も霧に覆われている。
車で先頭を走ると視界がきかないため、長距離トラックの後ろについて赤いテールランプを頼りに国道を走り、小千谷市へ向かった。
路面は雪が全部消えていた。途中で朝食を買い、予定より早く5時半ころには塩殿小学校へ着いた。
どうやら私が1番乗りだった。
6時頃になると1台、2台と車がやって来る。
そろそろ出発しようとカンジキに履き替えて真っ暗な雪原を歩いた。
大雪のため撮影ポイントの前にあるフェンスが埋もれて見えなくなっていた。
霧がとても濃く、川も山も全然見えない。うっかりすると崖下の河原に転落する恐れがあるため注意が必要だった。
3人のカメラマンといっしょに三脚を立てたまま、夜明けを待った。一人は群馬県から来ている。
しばらくするともう一箇所に6~7人ほどのグループが現れてきた。
こんな時、話は情報交換で盛り上がる。
富士山や八甲田の撮影ポイント、人気写真家のうわさ話、はては04年8月1日に、荒沢岳(新潟県魚沼市)で雪渓が崩落し、写真愛好家ら3人が犠牲となった事故の話まで飛び出した。
いっこうに霧が晴れる様子もなく、立ち話を始めて1時間が過ぎた。もう7時を廻ったので日の出が過ぎた時間である。
カメラすらまだ出していない。
「今日はダメだな!」「気温が暖かいようだね。」「引き返すとするか?」
私もあきらめて雪原の先にある木を撮って退散する事にした。(悲)
引き返す途中で米美知子さん似の女性カメラマンが長靴のまま雪原を歩いてくる。
「霧が濃すぎて何も見えないですよ」と私が話しかけると「せっかくなんで行って見ます。どこら辺が撮影ポイントですか?」と聞いてきた。
一人でやってくるなんて感心だなあ。
b0076646_21235395.jpg

Canon EOS 50D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F16 1/250秒  ISO250  7:54 霧 
撮影日 2011.2.6 撮影地 小千谷市塩殿

川井大橋附近からも信濃川が撮影出来ます。カンジキがない人はこの場所がお薦めです。
b0076646_21241014.jpg

Canon EOS 50D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F16 1/160秒  ISO250  9:01 霧 
撮影日 2011.2.6 撮影地 小千谷市塩殿

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。



[PR]
by chonger48 | 2011-02-10 21:24 | 風景

霧の山古志


霧が出そうな天気だったので山古志へ行って見た。場所は古志高原スキー場附近の棚田である。
あいかわらずの人気ポイントなのでカメラマンは30人程いただろうか?
しかしこの日は条件が悪すぎて満足のいく撮影が出来なかった。
1枚目の写真は棚田を見ようとしても雲海のような状況なので何も見えない。
そこで少し下の方へ移動し、夜明け前の越後三山を狙った。
シルエットの樹々が煩雑すぎてつまらない写真になっている。
b0076646_2321154.jpg

CanonEOS40D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F14 30秒  ISO400 5:52 晴れのち曇り 
撮影日 2009.11.22 撮影地 長岡市山古志・竹沢

2枚目の写真はさっきの場所からまた下り、棚田がある位置まで来たが、ここは狙っているポイントと違う。
b0076646_23211389.jpg

CanonEOS40D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F14 25秒  ISO400 5:54 晴れのち曇り 
撮影日 2009.11.22 撮影地 長岡市山古志・竹沢

3枚目の写真は谷底に溢れていた霧がどんどん上に昇って来て、ほとんど視界が聞かない状況になる。
b0076646_23212653.jpg

CanonEOS40D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F14 1/4秒  ISO200 6:31 晴れのち曇り 
撮影日 2009.11.22 撮影地 長岡市山古志・竹沢

4枚目の写真は朝陽が出始めた様子だ。とっさの事で太陽を中央に配してしまいフレーミングが悪い。
b0076646_23213910.jpg

CanonEOS40D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F14 1/60秒  ISO200 6:58 晴れのち曇り 
撮影日 2009.11.22 撮影地 長岡市山古志・竹沢

ほとんどのカメラマンはこのあたりで諦めて帰っていった。
5枚目の写真は守門岳の方を狙う。この下にポイントの棚田があるはずなのだが霧は晴れない。
デジタルカメラは逆光に弱点があり青っぽい色のにじみが左下に出ている。
b0076646_23215573.jpg

CanonEOS40D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F14 1/1000秒  ISO320 8:39 晴れのち曇り 
撮影日 2009.11.22 撮影地 長岡市山古志・竹沢

寒さをこらえきれず車に戻り暖をとっていたら、ようやく棚田が顔を出した写真が6枚目である。
名古屋から来た二人のカメラマンと最後までいっしょに粘ったが、時すでに遅し。もう勝負あったである。
撮影開始から4時間を過ぎているが、ほとんどが霧待ち状態で撮影出来なかった。
本来ならこの棚田に霧の中から朝陽が斜光線で射し込み、オレンジ色の幻想的な写真を撮るのが目的だったのに本当に残念である。
風景写真とは気象条件と光線具合が完璧に揃ってこそ傑作が生まれる。
こんな写真ではコンテストにとうてい出せないなあ。(泣)
雪が降ったらまた行ってみるか!
b0076646_2322745.jpg

CanonEOS40D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F14 1/200秒  ISO320 9:56 晴れのち曇り 
撮影日 2009.11.22 撮影地 長岡市山古志・竹沢

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2009-12-10 23:22 | 風景

霧氷


県内は昨晩から本格的な雪模様となり今朝は三条市で、20cmほどの積雪となった。
朝は渋滞で混雑、除雪車も市内で活躍した。
生活するには雪は困ったものだが、カメラマンは雪景色を求めて右往左往している。
以前、雪峠の日の出を撮影した後、信濃川の土手沿いを走行中に、綺麗な霧氷に出会う。
氷点下の朝は凍てつくような寒さで、三脚に唇が触れただけでくっついてしまった。
b0076646_23324266.jpg

CanonEOS-1N EF28-70mm F2.8L USM
F16  オート +1.0補正 RVP
撮影日 1996.1.3 撮影地 小千谷市

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2009-01-13 23:23 | 風景

福島潟の夕陽


ゴールデンウィークの最終日、旧聖籠町からの帰りに福島潟へ寄って夕陽を撮影した。
遊潟広場からビュー福島潟の建物を入れて撮りたかったがこの時期ではだめだ。となると潟舟溜まり付近から狙った。
b0076646_2052119.jpg

CanonEOS40D  SIGMA18-200mmF3.5-6.3 DC OS F16  1/200秒
ISO200 PM6:13・晴れ
撮影日 2008.5.6 撮影地 新潟市北区・福島潟

潟舟溜まり付近からパノラマ加工した写真である。
b0076646_20523560.jpg

CanonEOS40D  SIGMA18-200mmF3.5-6.3 DC OS F16  1/50秒
ISO200 PM6:28・晴れ
撮影日 2008.5.6 撮影地 新潟市北区・福島潟

これは日の出前の撮影である
b0076646_2053125.jpg

CanonEOS-1 EF28-80mmF2.8-4.0L F5.6 オート RVP
M10フィルター
撮影日 1993.5.22 撮影地 新潟市北区・福島潟

潟は霧の風景が一番似合う。
b0076646_20531528.jpg

CanonEOS-1 EF80-200mmF2.8 L F8.0 オート  +1.0補正  RVP 
撮影日 1996.5.19 撮影地 新潟市北区・福島潟

キャノンから600ミリを貸してもらって撮った事もあったなあ。
b0076646_20532797.jpg

CanonEOS-1 EF600mmF4.0 L USM F5.6 オート  RVP 
撮影日 1993.5.22 撮影地 新潟市北区・福島潟

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2008-05-14 20:53 | 風景

苗名滝霧景


弓納持先生が苗名滝へ撮影に出かけた時、霧で一寸先も見えない悪天候の日があった。そこで妙高の写真家、宮下先生と出会い「これじゃ、滝は見えねえこって」と言われたそうである。弓納持先生はそれでも諦めず滝を目指し、苗名滝が霧で覆われた幻想的な写真をウハウハしながら撮影して一人で喜んだとセミナーで語ってくれた事を思い出した。その写真を見せてもらいすごく感動した事がある。
ある日、自分もそんな機会に遭遇した。しかし先生のような写真が写せず私はウハウハとはいかなかった。(>_<)
b0076646_2353162.jpg

CanonEOS-1 EF80-200mmF2.8L 1秒 オート +1補正 RVP
撮影日 1994.5.2 撮影地 妙高高原・苗名滝

b0076646_2355378.jpg

CanonEOS-1 EF80-200mmF2.8L 4秒 オート +1.5補正 RVP
撮影日 1994.5.2 撮影地 妙高高原・苗名滝

b0076646_2354284.jpg

CanonEOS-1 EF80-200mmF2.8L 1/30秒 オート +1補正 RVP
撮影日 1993.5.15 撮影地 妙高高原・苗名滝

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2008-05-08 23:13 | 風景

日本人女性初の南極点到達


スキーで南極点を目指し歩いていた東京の登山家・続 素美代さん(40)が24日、南極点の到達に成功した。最低気温がマイナス35度、風速も25ノットの強風の中、荷物を積んだソリを引いて約1200キロを歩き続けた。
ホワイトアウトで視界が全くなかった時もあったという。
この素晴らしい偉業に、こんな写真で祝福させてもらいます。
b0076646_23431765.jpg

CanonEOS30D  EF16-35mmF2.8L USM  F16  1/100秒 +1.0補正
ISO100 AM8:11・晴れ
撮影日 2007.1.1 撮影地 南魚沼市(旧塩沢町)・三郎丸小木六線美郷大橋付近

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2008-01-26 23:43 | 風景

初日の出はどちらへ行かれますか?


初日の出のポイントをお探しの方にお薦めします。
私の自宅から車で1時間以内で行ける小千谷市の山本山と塩殿はどうでしょうか?越後三山(駒ヶ岳、八海山、中ノ岳)からの初日の出や信濃川の霧景は新潟でも屈指の風景です。
雪の上は、カンジキやスノーボート(三脚、カメラバックを運ぶ)があると便利でしょう。

写真の格言
ニワトリよりも早く行け

撮影現場には日の出30分前には着くようにすべきである。
風景に限らず、祭やイベント等も同じである。早く着き過ぎても無駄な事は決してない。
b0076646_2154462.jpg

CanonEOS-1N EF28-70mm F2.8L USM F8  オート +1/3補正
RVP
撮影日 1996.1.3(元旦は天候不良) 撮影地 小千谷市・山本山展望台

b0076646_21543092.jpg

コンタックスRTSⅢ ゾナーT*180mmF2.8 F16 オート +1.0補正 
RVP
撮影日 1994.1.16 撮影地 小千谷市・塩殿

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2007-12-26 21:56 | 写真雑感・テクニック

天気予報

写真の格言
濃霧注意報は絶好の撮影日和

撮影予定をたてると気になるのが天気予報である。
誰もが晴れの日を望んでいるはずだ。出発前夜、明朝の天気が濃霧注意報などが出れば私は待ってましたと喜んで就寝する。
霧の日は、風景が一変して辺りの乱雑物を隠してくれる。
日の出後の斜光線はまさに絶好のシャッターチャンスで、ついついフィルム地獄に陥ってしまいます。

b0076646_2013684.jpg

CanonEOS-1N EF70-200mmF2.8L USM  F11  オート +1.0補正 RVP
撮影日 1995.11.19 撮影地 阿賀町(旧津川町)・揚川


人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2007-11-26 20:44 | 写真雑感・テクニック

山古志復活

4日の日曜日、中越地震後から初めて山古志に出かけて見た。最後の撮影が2003年の9月だったので四年ぶりである。景色は様変わりしていた。
朝5時、古志高原スキー場付近の棚田ポイントに到着。地震で山が崩れたため、道が広くなって駐車スペースが出来ていた。朝陽が期待出来ないので、この場にいた他のカメラマンと川口町の木沢へ行って見た。だが太陽は顔を出さず、シャッターを切れない歯がゆさがつのる。次に私は金倉山へ行った。ここも以前あったポンプ小屋が無くなっていて、一枚も写せなかった。今度は風口峠に向かった。雑木が伸びて山道が狭く車のボディーにぶつかってしまう。ポイントに着いて愕然とした。雲海の中から現れたのは、地震で出来た河道閉塞の新しい道である。今後、この景色が山古志を象徴する風景になると思うと心が痛んだ。
b0076646_2018465.jpg

CanonEOS40D  SIGMA18-200mmF3.5-6.3 DC OS F16 1/250秒
ISO100 AM8:22・曇りのち晴れ
撮影日 2007.11.4 撮影地 長岡市山古志・風口峠

さらに悲しくなったのは木籠集落を訪れた時だ。TVで何度も見た、水没した家屋が痛々しいままに残っている。その丘の向こうに移転集落が着々と新築されている。
楢木集落も集団移転された。山古志チャリティ写真展で私の作品を買っていただいたような雪景色の写真はもう撮れない。
b0076646_20183018.jpg

CanonEOS40D  SIGMA18-200mmF3.5-6.3 DC OS F8.0 1/60秒
ISO100 AM11:53・曇りのち晴れ
撮影日 2007.11.4 撮影地 長岡市山古志・木籠

昼飯を食いそびれていた時、池谷地域で「山古志亭」という民宿に立ち寄り、持参したカップ麺にお湯を入れさせてもらい、ヤーコン茶という飲み物を頂いた。お世話になりました。
次に羽黒トンネル(二車線になった)を抜け「あまやち会館」を訪ねた。
温泉も修理され観光客も戻って来たようだ。
b0076646_2018491.jpg

CanonEOS40D  SIGMA18-200mmF3.5-6.3 DC OS F6.3 1/60秒
ISO400 PM3:36・曇りのち晴れ
撮影日 2007.11.4 撮影地 長岡市山古志・あまやち会館

先週の月曜日から、待ってましたといわんばかりのタイミングで始まったNHK趣味悠々「カシャッと一句!フォト五七五」。
本日は写真が先か俳句が先かとういテーマである。
私の場合は写真が先の「先写後句」がほとんどである。
b0076646_20191293.jpg

CanonEOS40D  SIGMA18-200mmF3.5-6.3 DC OS F6.3 1/50秒
ISO100 AM10:14・曇りのち晴れ
撮影日 2007.11.4 撮影地 小千谷市・中村

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2007-11-12 20:20 | 風景