沈まぬ太陽

038.gif058.gif065.gif061.gif
第33回日本アカデミー賞の授賞式が5日行われ、渡辺謙さん主演の「沈まぬ太陽」が作品賞、主演男優賞、編集賞の3部門で最優秀賞に輝いた。
邦画ファンの私はこの作品を見逃してしまった。
この映画は日本航空を連想させる内容で、日航ジャンボ機御巣鷹山墜落事故などがモデルとされている。
日本航空は、会社のイメージや商業的利益を得ようとする行為は遺族への配慮が欠けている等と批判しており、そのため社会的に注目されていた映画だった。
絶対ビデオが出たら見る事にしよう。
さて私がノミネート作品で見たのは木村大作監督の「劒岳 点の記」である。
山好きにはたまらない映画だった。
極寒の冬山のシーンは撮影も困難を極め、俳優さんやスタッフも命がけだったろう。
助演男優賞の香川照之さんの演技は素晴らしかった。
この映画を見て思い出したのが1977年公開の「八甲田山」だった。
撮影は木村大作さんである。
19歳だった私はこの映画を見て感動し、友達と「八甲田山」へ出かけた。
いい映画を見るとどうしてもその地へ行きたくなってしまうのは、映像の素晴らしさがそうさせるのだろう。
カメラマンはいい絵を撮る為に水の中でも、雪の中でも入る事を惜しまないのである。

この写真は映画「沈まぬ太陽」のイメージで2枚のポジフィルムをスキャニングし、フォトショップで合成してみた。
日本海に沈む夕陽のため映画のタイトルのようにはならないか?(笑)
b0076646_1794664.jpg

【夕陽】
CanonEOS-3  EF500mmF4.5L USM   エクステンダーEF2×Ⅱ+EF2×  
1/1000秒 オート KODAK EBX 
撮影日 2002.8.17 撮影地 山北町・碁石海岸
【飛行機】
CanonEOS-1N EF500mmF4.5L USM   エクステンダーEF1.4×Ⅱ
1/500  オート +1/3補正 RMS400
撮影日 1999.5.22 撮影地 新潟市・松浜28エリア

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2010-03-07 17:10 | 飛行機
<< 児童虐待 美食カメラマン >>