2008年 11月 29日 ( 1 )

レッドクリフ

061.gif066.gif018.gif
先週、レッドクリフを見てきた。
三国志の中でも歴史に残る「赤壁の戦い」を映画化したものである。
中国の後漢末期から魏・呉・蜀の三国が争覇した(西暦180年頃 - 280年頃)時代を三国志と呼ぶようである。日本は弥生時代で邪馬台国の卑弥呼がいた頃ではないだろうか?
平成5年頃、腰痛治療で市内の接骨院に通院した時に、待ち時間で読んだ横山光輝先生の全60巻にも及ぶ漫画本が私の三国志との出会いであった。
主人公である【蜀】の劉備玄徳、三顧の礼によって迎えられた軍師の諸葛孔明、劉備とは義兄弟の契りを結んだ関羽と張飛の将軍、劉備の腹心の将軍である趙雲。
劉備の最大のライバルである【魏】の曹操、若くして【呉】の君主となった孫権、その呉軍の水軍大都督の周瑜など、登場人物をあげたら数え切れない。
今回の映画では周瑜の妻である小喬を演じた、台湾を代表するモデルのリン・チーリンがとっても美人である。
一目見て惚れてしまった。
これだけの物語となると145分では終わらないためか、来年4月に続くPartⅡが待ち遠しい。
写真は秋葉原のフィギュアショップで買ってきた三国志のヒーロー達である。
残念ながら孫権がまだ手に入らない。(悲)

左から曹操、張飛、劉備、関羽、諸葛孔明
b0076646_23583552.jpg

CanonEOS40D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F16 1/60秒  ISO500 ストロボバウンス 
撮影日 2008.11.29 撮影地 自宅

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2008-11-29 23:58 | テーブルフォト