<   2009年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

我が母校を甲子園に出場させるにはどうすべきか!

002.gif022.gif039.gif
1974年4月、私は長岡商か三条商かで進路を迷った末、中学時代の先輩達がいる三条商に入学し野球部に入った。
中学野球とは違って高校野球は何もかも技量の違いを感じ、わずか2週間ほどで退部を考えた。
先輩達が必死になだめすかし「もうちょっと頑張って見ろ!」の説得で思いとどまる事が出来た。
三商野球部は1968年夏の県大会ベスト4に進出したのが、最高成績である。
その時は優勝した新潟商に9対5で負けている。もう41年前の事である。
それ以来夏の最高成績は私が3年生時の1976年と、1979年、1982年の3回戦進出がやっとである。
今年も初戦で敗退し27年間地区予選で負け続けている。
春は私が3年生時の1976年と秋は1980年にそれぞれベスト16に進出した事があるが、以来30年以上長岡勢に勝った事がない。
こんな弱小高校を甲子園に出場させるにはどうしたらいいのだろうか?
まず指導者である。過去に長岡高から早稲田に進学した先生や六日町高で甲子園を経験した先生が監督になったりもしたが、志半ばで転勤になり野球部を強くする事は出来なかった。
野球をするために入学してきた選手達ではないので当然、技術は劣っている。そんな生徒達を教えるわけだから監督も厳しく指導すれば退部者が増えて困るため、お嬢様野球しか出来なくなる。
かつて仙台育英高のエースとして、3年夏に甲子園で準優勝。その後1992年にドラフト1位指名され、ダイエーホークスで活躍した大越 基さんが2007年から山口県の早鞆高校(山本譲二の母校)の保健体育教師になり、今春から野球部を指導している。(元プロ野球選手は教諭として学校に2年以上在職し、学生野球協会の適正審査に合格すれば高校生を指導できる)
三条商にもこんな元プロ野球選手の教員が来ないものだろうか?
若くて情熱があり野球経験が豊富な監督がいれば、間違いなく野球部は改革される。
野球部が強くなれば学校も良くなるはずだ。生徒のマナーや進学率も向上するだろう。
私は部員数などは気にしていない。あえて少数精鋭で臨むべきである。
1974年選抜準優勝の池田高校はさわやかイレブンと言われた。1977年高知の中村高校は部員12人で選抜準優勝した。
その時は「24の瞳」と話題を振りまいた。
どちらも素晴らしい投手がいたためである。高校野球は江川卓のような怪物投手がいれば、まったくの無名校も甲子園に出場出来るチャンスがある。
我が母校にそんな怪物投手が一人現れて、熱血監督の精神野球が浸透すれば夢は実現する。
それから2、3年後に必ず甲子園に出場するというビジョンが大切だ。
今迄はクラブ活動の一貫であるという気持ちで取り組んでいたから、負け続けてきたのである。
優秀な選手を集め、OB達が資金を援助し、父母会の協力を得て、数年後に三条商は県央工や三条高、東高のいずれかと夏の県大会決勝戦で三条勢同士の対決をするといった、衆議院選挙のマニフェストのような公約を作らないといけないのだ。
昨夏、三条市から初の甲子園出場を果した県央工は校名が三条工時代に夏の大会は13年連続で一勝もできなかった。
それが2002年頃から初戦突破が出来るようになり、2005年にはベスト8まで進出してきた。
この変貌は優秀な監督が赴任し、徹底した根性野球を選手達に指導したからである。
三商も男子が少ないから部員が集まらないというのはいい訳にすぎない。
やる気のある少ない部員達を朝5時から夜は深夜0時まで鍛え上げれば良いのだ。そして指導者が県央工に追いつき追い越せの情熱を持ち、膨大な練習量をこなせば強豪校へ変革させる事ができるはずだ。
現場でやっている人達は大変なことなのは良くわかる。練習も顔を出さず、ボールの寄付すらしない私が好き勝手なことをほざいてるだけで本当に申し訳ないが、OBとして母校の目に余る弱さには、グラウンドへ行こうという気持ちは起きて来ないのである。
せめて長岡勢を破るなりして地区予選を勝ってくれれば、おのずとOB諸氏のみなさんも応援しがいがありそうなものだ。
夏休みの猛練習に期待したい。

この画像は34年前の野球日誌を撮影したものである。高校球児なら誰もが一度は書いた事があるはずだ。
私が高校1年生の時から夏の大会は1県1校が甲子園に出場できるようになった。
1974年夏、優勝候補は春の北信越県大会に優勝した長岡高であった。その時の捕手で主将が現在の新潟明訓の佐藤監督である。
それを追って春準優勝の安藤投手(2年)がいる長岡工、秋優勝の長岡商、好投手安部(3年)がいる中越など長岡勢が圧倒的に強かった時代である。
三条商は1年生から投げ続けた広田投手(3年)が健在で、持ち前の剛速球がさらにスピードを増していた。
だが制球難から四球で自滅するケースがあり、打線もカーブが打てないなど粗さが目立つチームだった。
夏の予選を前に新潟商と練習試合(新商グランドにて)をする事になった。
第一試合はエース広田投手(3年)が新商打線を2安打に封じ込んだが、三商も2安打では勝機がなく0対0の引き分けとなる。
第二試合は左腕の藤岡投手(3年)を先発に起用。8四死球と大荒れで新商に3-1とリードされていた。ところが9回表に広田、藤岡の連続ヒットから大久保(修)(3年)の投ゴロを投手が暴投し3-2となる。木村(2年)死球で無死満塁。続く鈴木(2年)が一塁ゴロで藤岡が本封され一死満塁。田智川(2年)が押し出しの四球で同点。矢挽(3年)がスクイズを決めて4-3と三商が逆転した。
九回裏、リリーフの広田投手がピシャリと締めて新商に勝った。夏の予選前に新商に勝った事は大きな自身となったが、この年の新商は初戦で伏兵新発田商工に2-1で破れ短い夏を終えた小粒なチームだったのである。
それも青木投手(2年)が9回を無安打に抑えながら守備が破綻し、悔しい結果となった。
翌年、投手が残った新商は見事甲子園に出場した強豪チームに変貌するのである。
b0076646_22462650.jpg

CanonEOS40D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F11  1/30秒 ISO800 
撮影日 2009.7.30 撮影地 自宅

夏の予選は全県一区制で三商は初戦を村上桜ヶ丘に7回コールドの7-0で快勝する。
広田投手のホップする高めの速球がさえわたり、1安打12奪三振の見事なピッチングだった。
3日後の2回戦は柏崎高と対戦する。昨年からのレギュラーが6人残った柏崎高は油断ならぬ相手だった。
初回、広田の中前適時打で三商は1点を先行したが、六回裏、柏崎高は2安打と野選で一死満塁とし、遊ゴロで二封される間に三塁走者が生還し同点。八回には四球と三連続長短打を浴びて4-1と逆転された。
三商は果敢に走者を出すが、左腕の稲葉投手(3年)のカーブにてこずり決定打がなかった。
バッティングマシンがなかった三商は変化球を打つ練習をしていなかったのが残念でならない。
この年の優勝は長岡商が中越高を破り4年ぶり2度目の甲子園出場となった。
もし私が長岡商に入学していれば1年生から甲子園に連れて行ってもらったのに、この時は複雑な心境であった。
三商の先輩達は卒業するとセンスの良い主将で遊撃手の蓑口選手(3年)は国鉄新潟へ、エース広田投手(3年)は鷺宮製作所へ、強肩の外野手藤岡選手(3年)は三条信金から国士舘大へ進み、テスト生として大洋ホエールズへ入団した。
皆さん、それぞれ現役を退かれているが、母校三商野球部のために是非お力になっていただきたい。
b0076646_22463851.jpg

CanonEOS40D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F11  1/30秒 ISO800 
撮影日 2009.7.30 撮影地 自宅

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2009-07-30 22:47 | スポーツ

育成功労賞に関川弘夫氏

038.gif051.gif
日本高野連が高校野球で20年以上指導し、育成と発展に功績のあった部長や監督を表彰する「育成功労賞」に1984年夏の甲子園で県勢初のベスト8入りを果した関川弘夫元新潟南高監督が表彰を受けた。
関川氏は新発田高、新発田農業校長、県高野連副会長を歴任し、現在は新潟市にあるアップルスポーツカレッジという専門学校の校長を務めている。
関川野球を継承した新潟南高時代の教え子達は、高校野球の指導者としてたくさんの人が活躍している。
彼等の手で再び新潟南高が復活すれば関川氏もどんなに嬉しい事だろう。
だが私はご本人の背広姿より、再びユニフォームを着て、ノックをする姿を見てみたい。
想いは熱き甲子園」・・・・パートⅡへの再現はないものだろうか?
b0076646_23182531.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/640秒 ISO400 9:19  曇り  
撮影日 2009.7.26 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2009-07-29 23:18 | スポーツ

日本文理が春夏甲子園出場!

038.gif005.gif066.gif
第91回全国高校野球選手権新潟県大会は日本文理高が中越高に12対4で勝ち、3年ぶり5回目の夏の甲子園出場となった。
今春の選抜と合わせ、2度目の春夏連続出場となる。
それにしても文理は強かった。準決勝まですべてがコールドゲームで、決勝も八回までに8点差をつけた圧勝である。
(決勝はコールドがない)
過去に前例のないまさに新潟県史上最強のチームであろう。
甲子園では是非、全国制覇を目指して、野球後進県を一掃してほしい。
b0076646_22544843.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F8.0  1/1600秒 ISO500 10:10  晴れ  開会式
撮影日 2009.7.11 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

何処の県にも名物監督が存在する。
日本文理の大井監督もその一人だろう。
1959年夏、宇都宮工のエース四番で甲子園大会準優勝。早稲田大に進学しレギュラーとして活躍する。
1986年に日本文理監督に就任し23年目となる。今年68歳のベテラン監督は春2回、夏5回の甲子園出場を果たした。
b0076646_22553955.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/640秒 ISO400 11:21  晴れ  準々決勝・高田農戦
撮影日 2009.7.23 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

私の出身校である三条第一中学から名門中越高の野球部に入った選手は過去にもいるが、エースになった選手はこの渡辺投手だけである。
地元にこんな良い投手がいたのに何故、三条の高校野球関係者はスカウトしないのか?
来年、再来年と三条市から甲子園を目指すなら、県立高校といえどもスカウト活動は絶対必要である。
「中学生の甲子園」といわれる全日本少年軟式野球大会全国大会に出場する燕中学の3年生選手諸君、全員三条の学校に入ってくれえ・・・・・!
b0076646_22562751.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F6.3  1/640秒 ISO500 12:59  曇り  準決勝・五泉戦
撮影日 2009.7.26 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2009-07-28 22:56 | スポーツ

県央工、屈辱のコールド負け!

007.gif040.gif
夏の高校野球県大会準決勝の第一試合、日本文理が県央工に10対0の五回コールドで圧勝。
昨夏と同じ対決となったこのカードは、日本文理が一方的な試合展開で雪辱した。
二年連続甲子園出場を目指した県央工は日本文理の強力打線に屈した。

日本文理のエース伊藤は140㌔近い速球と切れの良いスライダーを武器に県央工を2安打に抑えた。
b0076646_21573690.jpg

Canon EOS-40D 70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/1000秒 ISO500 10:01  曇りのち雨
撮影日 2009.7.26 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

肘の故障、肩の痛みから県央工のエース古村は制球が定まらず、日本文理に13安打を浴びた。
今大会は一人で4試合を投げ抜きチームを4強に導いたが、この日のマウンドには疲労困憊の古村がいた。
b0076646_21575783.jpg

Canon EOS-40D 70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/1000秒 ISO500 10:45  曇りのち雨
撮影日 2009.7.26 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

二回裏、一死二、三塁で県央工バッテリーは文理のスクイズを外した。
その後、四球を出し、二死一、三塁から古村が痛恨の暴投で日本文理に先取点が入った。
b0076646_21584716.jpg

Canon EOS-40D 70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/1000秒 ISO500 10:24  曇りのち雨
撮影日 2009.7.26 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

さらに1番切手が右前安打を放ち、二塁走者の中村が本塁に突入。タッチできず2点目が入る。
続く2番、3番と連続長短打が出て、この回二死から文理は4点を奪った。
b0076646_2159787.jpg

Canon EOS-40D 70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/1000秒 ISO500 10:27  曇りのち雨
撮影日 2009.7.26 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

日本文理は三回裏にも二死、一、二塁から9番中村が左翼越え3点本塁打。その後、四球で出た走者が二盗、三盗と走り、2番高橋隼に左前タイムリーが飛び出し一挙4点。8対0と試合を決めた。
b0076646_21592431.jpg

Canon EOS-40D 70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/1250秒 ISO500 10:43  曇りのち雨
撮影日 2009.7.26 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

県央工の鈴木監督は調子の出ない古村を変えようとしない。
エースと心中する覚悟なんだろう。高校野球といえども勝負の世界である。
出番のなかった3年生の控え投手は悔しかった事だろう。
負けたら終わり、一発勝負だからこそ、非情な采配になってしまう。監督とは辛い職務である。
b0076646_21594034.jpg

Canon EOS-40D 70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/400秒 ISO500 10:14  曇りのち雨
撮影日 2009.7.26 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

部員73人もいる県央工。ベンチ入り出来る人数は20名だ。控え選手達の応援に県央魂を見せてもらった気がする。
b0076646_21595675.jpg

CanonEOS40D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F8.0  1/800秒 ISO500 11:00  曇りのち雨
撮影日 2009.7.26 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

甲子園は夢と消えた県央工ナイン。よくぞベスト4まで勝ち上がって来た。
思えば10年前までは1回戦すら勝てなかった学校が、三田監督によって野球部の改革が始まり、2005年には高村監督が夏の県大会ベスト8に進出させ、そして昨年、前中越高監督の名将、鈴木春祥氏を父に持つ鈴木監督が悲願の甲子園出場を実現させた。もう県央工は立派に新潟県の野球強豪高にのし上がったのである。
三条市から再び甲子園への夢を託す、栄中学3年生の親子さん達と準決勝を応援に行った。
「見たか!この悔しさを君達が今度は県央工に行って晴らすんだぞ!」と私が激を飛ばすと子供たちは無言で下を向いている。「・・・・・・・・・」
「俺に任せてください!」という骨のあるヤツはいないのかねえ!まったくもう!
頼むよ中学生!
b0076646_2201923.jpg

CanonEOS40D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F6.3  1/640秒 ISO500 11:19  曇りのち雨
撮影日 2009.7.26 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2009-07-27 22:00 | スポーツ

新潟アルビレックスBC 4連勝ならず

021.gif072.gif040.gif
BCリーグの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブは24日、三條機械スタジアムで福井ミラクルエレファンツと対戦し0-4で2安打完封負けを喫した。
先発の外国人投手スターツは六回に死球からピンチを広げ、1死二、三塁から二塁打を打たれ2点を献上、リリーフ陣も制球が悪く追加点を許した。走塁ミスも目立ち今日は完敗である。

三條機械スタジアムでのナイターは照明が暗くてカメラマン泣かせである。五十公野球場はもっと暗い。
ISO3200でも状況によって1/250秒が切れる位である。やっぱりスポーツ写真は1/1000秒でないと被写体はブレてしまう。
プロ野球一軍戦のナイターをするにはもっと照明等を増やさないと駄目だ。
是非、改善を望みたい。

稲葉選手のライト前ヒット
b0076646_233346.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/200秒 ISO3200 20:07  雨のち曇り
撮影日 2009.7.24 撮影地 三條機械スタジアム

三條機械スタジアムのバックネット裏には障害者用の観戦室がある。
この部屋で小学生の少年に私のカメラを触らせてあげた。
ピントは置きピンにし、構図を決めたら私がカメラと一脚を支えてあげ、少年にファインダーを覗かせてシャッターを切らせたのである。
「ほら、青木選手だよ。今だ押せ!」「カシャ!カシャ!カシャ!」
少年はファインダーの中の映像を見て興奮している。こんなに喜んでもらえるなんて思わなかった。
フィルムカメラではこんなサービスは出来ないが、デジタルならどんなに撮っても大丈夫である。
子供たちに野球の楽しみをカメラで体験してもらうなんていい企画かもしれない。

今日のボールボーイ達と記念撮影する中山選手。
b0076646_2335710.jpg

CanonEOS40D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F5.6  1/40秒 ISO800 ストロボ 21:07  雨のち曇り
撮影日 2009.7.24 撮影地 三條機械スタジアム

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2009-07-25 23:04 | スポーツ

新潟商、県央工に敗れる!

007.gif058.gif051.gif
ベスト8でもっとも好カードと予測した新潟県央工対新潟商戦は、昨夏の甲子園出場校の新潟県央工が延長13回、7対4で激戦を制した。
県央工は全校生徒が大型バスで応援に駆けつけ、新潟商も女生徒達の黄色い声援が飛び交った。
こんなビッグゲームを闘った選手達は生涯の思い出となるだろう。

二年連続甲子園を目指す闘将、鈴木監督のノックは右に左に鋭い打球が飛ぶ。
b0076646_12345050.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/1250秒 ISO400 12:51  晴れ
撮影日 2009.7.23 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

OB達の熱い声援をうけ、この一戦に勝負を賭ける朝妻監督。
b0076646_12351458.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/1600秒 ISO400 12:16  晴れ
撮影日 2009.7.23 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

四回表、県央工は二死満塁で6番河合(3年)が三塁打を放ち3対0とリードする。
b0076646_12353778.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/1600秒 ISO400 13:44  晴れ
撮影日 2009.7.23 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

七回裏、新潟商は7番石月の三塁打で4対3と逆転する。
b0076646_1236011.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/1600秒 ISO400 14:29  晴れ
撮影日 2009.7.23 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

昨夏甲子園で登板後、肩の故障で秋は登板なし、春も新津南戦で投げず秋春ベスト16止まり。
ようやく復調したエース古村(3年)に県央工の連覇がかかる。
b0076646_12364369.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/1250秒 ISO400 13:09  晴れ
撮影日 2009.7.23 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

昨秋、北信越本大会で星稜、敦賀気比といった強豪を破りベスト4に入った新潟商。
今春は主戦・小柳(3年)の調子が上がらず、中越にベスト8で惜敗。
夏は栗林が安定し、この大一番で延長13回、216球を一人で投げ切った。
b0076646_123784.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/1250秒 ISO400 14:47  晴れ
撮影日 2009.7.23 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

新潟商は九回一死一、二塁で重盗を試みるが宮本(3年)が三塁で刺され、サヨナラの好機を逸した。
b0076646_1237349.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/1600秒 ISO400 14:55  晴れ
撮影日 2009.7.23 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

県央工は十二回表、8番坂井(3年)が右越えの長打を放ち、果敢に三塁を狙ったが惜しくもタッチアウト。
b0076646_1238015.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/2000秒 ISO400 15:20  晴れ
撮影日 2009.7.23 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

県央工は13回表、二死満塁で8番坂井(3年)が鋭い金属音を放つ。
打球は左翼手を越えて走者一掃の二塁打となり7対4と勝ち越し、先ほどの走塁ミスを払拭した。
b0076646_12382319.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/1250秒 ISO400 15:38  晴れ
撮影日 2009.7.23 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

ピンチになると「オリャ!」と気合を込めて投げて来た県央工・古村投手。
十三回裏、新商打線を三者凡退に仕留めると大きな雄叫びが球場に響いた。
b0076646_12384770.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/1600秒 ISO400 15:45  晴れ
撮影日 2009.7.23 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

2時間40分の死闘は県高校野球界の球史に残る名勝負となり、この場に立ち会えた私は、感動で胸が一杯になった。
b0076646_12391339.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/1600秒 ISO400 15:45  晴れ
撮影日 2009.7.23 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

只今より、勝ちました新潟県央工業の栄誉を祝し、同校の校歌を斉唱して校旗の掲揚を行います。
b0076646_12393346.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/1000秒 ISO400 15:47  晴れ
撮影日 2009.7.23 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

落胆する新商ナインの涙が止まらない。
燕吉田中が全中で3位になった時の主力選手達が入部し、最高学年となった今年の夏。
34年ぶりに甲子園出場のチャンスとOB達が必勝を期して球場に駆けつけた。
1975年、新潟商は7度目の甲子園出場を果した。私が高2の時である。
シュートが武器の青木、カーブが得意の久須美と二人の投手が揃い、二死一、三塁で二塁に盗塁したランナーを刺した強肩の平井捕手、若林、高木を中心とした鉄壁の内野陣、6試合で21盗塁の機動力、それを束ねたのは外部から招聘された弱冠26歳のOB小林監督だった。自身1965年秋、1966年春と北信越県大会に優勝したが夏は甲子園出場はならなかった。
伝統校も不祥事で辛い時があった。修学旅行で部員の飲酒事件が発覚し1年間の対外試合禁止で1979年、夏の予選に出場できない年があった。日本ハムで活躍した渡辺浩司氏が1年生の時である。
彼が3年の1981年夏は三条高に3回戦で負けた。
またソフトバンクの投手だった星野順治氏はかつて甲子園に出場した青木監督に指導を受けるも、部員15人という苦悩な時期のエースのためか、1992年夏は4回戦で十日町に敗れている。
古豪復活を目指し、今年の新商はその甲子園に出場したチームに近づいて来た。
だが、健闘及ばず野球の神様はちょっとだけ県央工に味方した。 
b0076646_12395476.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/320秒 ISO800 15:53  晴れ
撮影日 2009.7.23 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2009-07-24 23:58 | スポーツ

皆既日食

058.gif057.gif072.gif
世紀の天体ショーは雨で思うように見れなかった見たいである。
こんな時はテレビでじっくり見てる方が良いようだ。



人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2009-07-22 23:43 | 心象風景

カレーラーメン・丸竹食堂

068.gif018.gif
夏の高校野球が始まると、丸竹食堂で生ビールを飲みながら野球談議をするのが私の楽しみである。
二年前、三条高校野球部の激励会にカメラマンとして参加させてもらった。
その時「甲子園に行きたいかぁ!絶対行くぞぉ!」と声を裏返して叫んだのがこの親父さんである。
残念ながら三条高校は今夏も初戦敗退というくやしい結果となり11年連続勝ち星がない。
選手が泣くまでノックしろ!精神野球こそ強くする手段である。1対0で勝つ野球をやれ等と店内で言いたい放題の私に、親父さんや奥さんは真剣に聞く耳を立ててくれる。
倅さんも現在は大学で野球を継続しているとの事。どんな選手になったか見たいものだ。
b0076646_23311043.jpg

CanonEOS40D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F4.0  1/60秒 ISO500 ストロボ 20:10  曇り時々晴れ
撮影日 2009.7.12 撮影地 三条市・丸竹食堂

三条を代表するラーメンに「カレーラーメン」がある。
市内には70店を超す店舗がメニューとして提供している。
カレーラーメンの発祥は、三条市のラーメン店の主が、戦前に東京の修業先から持ち帰ったという説や
カレー南蛮そばがカレーラーメンへと変わっていった説等がある。
今年2月にはセブン-イレブンより「三条名物カレーラーメン」が地域限定商品として発売された。
6月には夏用に「冷やしカレーラーメン」が発売されているが私はまだ食していない。
お店によって味も違うと思うので、カレーラーメンの食べ歩きも興味がある。
この日はライスも注文して食べて見た。
グルメタレントの石塚英彦ふうに表現するならば丸竹食堂のカレーラーメンは「まいう~」である。
b0076646_23312558.jpg

CanonEOS40D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F5.6  1/30秒 ISO1600 ストロボ 21:15  曇り時々晴れ
撮影日 2009.7.12 撮影地 三条市・丸竹食堂

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。


●丸竹食堂/三条市興野1-6-6/TEL0256-33-0655
営/11:00~15:00 17:00~21:00(火定休)
[PR]
by chonger48 | 2009-07-21 23:32 | その他

新潟商が村上桜ヶ丘に大勝!

015.gif057.gif051.gif
古豪復活に向け、新潟商が村上桜ヶ丘に11対0で6回コールド勝ちし4回戦へ進んだ。
この日の好カードである対戦は予想外のスコアとなり、両チームの選手達の表情は対照的だった。

前任の新発田農を3度の甲子園に導き、村上桜ヶ丘に移って10年、無名のチームを一気に強豪校に変えた松田監督(59)の夏が終わった。
教師として今年で定年を迎える。
名将のラストゲームは力負けした悔しい結果となった。
試合後、3年生に「高校野球はこれで一区切り。これからは自分達の道を見つけ、自分が何をすべきか考え、こつこつ努力すれば夢はかなうと」と語った。
泣き崩れる一人の選手の頭を自分の帽子でポンとたたいた松田監督は、父兄のみなさんに「どうもすいません」と頭を下げ球場を去って行った。
b0076646_07425.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/800秒 ISO400 13:39  雨のち曇り
撮影日 2009.7.19 撮影地 柏崎市・佐藤池球場

今春から新商を指揮する朝妻監督。
昨秋の北信越本大会でベスト4に入った実力チームを預かり、34年ぶりの甲子園出場を狙う。
久し振りのチャンス到来でOB達も大勢観戦に来ていた。
まずは難関突破で安堵した事だろう。
b0076646_08647.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/800秒 ISO400 13:48  雨のち曇り
撮影日 2009.7.19 撮影地 柏崎市・佐藤池球場

試合は新商の初回が終わると雨で中断した。
風も強く、撮影してる私さえカメラを持つのが困難な状況である。
およそ30分中断し試合再開。グラウンドは泥濘始めている。
3回表、雨で目測を誤ったレフトが落球し新商に先取点が入る。
このような天候では5回で降雨コールドゲームとなってしまう。中止にすればいいのになあと私は思った。
先発のK投手(3年)は5点を失い、その後リリーフした二人の投手は球威なく新商打線につるべ打ちである。
昨秋、県大会で準優勝したチームの面影はまるでなかった。
投手が故障すると試合がぶち壊しになる典型的なゲームだった。

b0076646_085123.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/1000秒 ISO800 14:48  雨のち曇り
撮影日 2009.7.19 撮影地 柏崎市・佐藤池球場

新商の先発はK投手(3年)。燕・吉田中で全国大会に出場した6人が入部し、1年生の時から期待されていた一人である。
抜群な制球力で3安打無四球、二塁を踏ませぬ好投であった。
b0076646_091023.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/200秒 ISO800 15:41  雨のち曇り
撮影日 2009.7.19 撮影地 柏崎市・佐藤池球場

今年も夢と消えた初の甲子園出場。
夏に桜咲く日はいつかきっとやってくるだろう!
b0076646_093282.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/800秒 ISO800 15:20  雨のち曇り
撮影日 2009.7.19 撮影地 柏崎市・佐藤池球場

新商の校歌が球場に響いた。伝統あるクリーム色のユニフォームが懐かしい。
1975年、私が高校2年生の時、夏の大会に優勝したのは小林監督が徹底的に鍛えた守備のチームの新商であった。
投手も2本柱が存在した。
今年の新商も二人の好投手を持ち、当時と似ている気がする。
8度目の甲子園出場なるか?私がもっとも注目している学校である。
b0076646_095449.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/400秒 ISO1600 16:14  雨のち曇り
撮影日 2009.7.19 撮影地 柏崎市・佐藤池球場

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2009-07-19 23:46 | スポーツ

桑田真澄さん、始球式

038.gif070.gif040.gif
BCリーグは12日、新球場のハードオフ・エコスタジアムで後期ホーム開幕ゲームを行い、信濃グランセローズに2対1で勝利した。
この日、桑田真澄氏は球場会議室で指導者講習会を行った。始球式にそなえ肩慣らしの準備運動を済ませアンダーシャツ姿で現れた桑田氏は、約1時間ほど講演してくれた。
今の子供たちには精神野球を論じてもダメである。野球の楽しさを笑顔をもって教え込む事が大切なのである。
また水分補給はしっかり行なわせる。自分がPL学園時代、水は飲めなかった。だから練習の途中でトイレに行き水洗便所の水を飲んでいたらしい。肩がいたい時は練習を休む事。そこであいつは根性がないと言ってはいけない。桑田氏は必ずプロ野球選手になるために、無謀な投げ込みで肩を壊してはいけないと思い監督に休む事を直訴したという。最後に質疑応答があり、貴重な講演を聞く事が出来た。
さていよいよ試合開始である。高校時代にバッテリーを組んだ信濃の今久留主監督を捕手にすえ、始球式で見事な投球を披露すると球場がドッと沸いた。
桑田効果と新球場の影響で独立リーグ新記録の1万5311人が来場した。いつの日か3万人の大観衆で球場を埋めてみたい。
b0076646_22114672.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/800秒 ISO500 13:07  曇り時々雨
撮影日 2009.7.12 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

初回、1死満塁から左越え二塁打で2点を先制しファンに手を振る清野選手。
b0076646_22121152.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/1250秒 ISO500 13:32  曇り時々雨
撮影日 2009.7.12 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

見事なピッチングで完投しMVPとなったエースの伊藤投手は8勝目を挙げた。
b0076646_22123667.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6  1/800秒 ISO500 14:47  曇り時々雨
撮影日 2009.7.12 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

アルビレックスチアリーダーズのダンスパフォーマンスは華やかで美しい。
b0076646_22133539.jpg

CanonEOS40D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F9.0  1/500秒 ISO500 14:31  曇り時々雨
撮影日 2009.7.12 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

後援会とサポーターからの支援金約140万円で作られた横36㍍、縦9㍍のビッグフラッグが初お披露目となった。
b0076646_22134969.jpg

CanonEOS40D  EF-S10-22mmF3.5-4.5 USM
F13 1/250秒  ISO500 15:08 曇り時々雨
撮影日 2009.7.12 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

最終回、素晴らしい中継プレーで同点のランナーを本塁でアウトにし、抱き合って喜ぶ伊藤投手と上ノ下捕手。
b0076646_2214962.jpg

CanonEOS40D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F7.1  1/80秒 ISO500 16:12  曇り時々雨
撮影日 2009.7.12 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

選手達のポストカードが完成しました。1枚100円です。皆さん買って下さいね。(^^♪
b0076646_22144354.jpg

CanonEOS40D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F7.1  1/80秒 ISO500 16:12  曇り時々雨
撮影日 2009.7.12 撮影地 新潟市・ハードオフ・エコスタジアム

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger48 | 2009-07-18 22:15 | スポーツ